岡山市北区庭瀬の整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科なら名越整形外科

〒701-0153
岡山県岡山市北区庭瀬229-2

Menu

  • HOME
  • 当院のこだわり
当院のこだわり

投球障害や、スポーツによる外傷・障害などを中心に診療をしています。

学生時代に野球をしていた経験から「投球障害を治したい」という気持ちがありました。そのほか、肩や肘、手などの上肢の疾患を中心にスポーツ障害も診療していますので、お困りの方はご相談ください。

医師を志した理由と来院の患者様について
父が整形外科医だったことと、スポーツ外傷に興味を抱いたことがきっかけでした。

医師になったきっかけは、代々医師の家系にあり、父がここで整形外科をしていて、物心ついた時から父の背中をみて育ったことが一つ。また、自身が学生時代に野球をしており、スポーツによる外傷の治療に興味があったことから、自然と医師の道を歩んでいました。

そして、平成12年に名越整形外科の二代目として継承開業いたしました。今は、「日本整形外科学会認定 整形外科専門医」「日本手外科学会認定 手外科専門医」の資格を持ち、その専門とする肩、肘、手、指など上肢を中心とするスポーツ外傷などの患者様に多くお越しいただいています。外傷に関わらず、手のしびれや肩・肘などの痛みでお悩みのある方はご来院いただければと思っております。

診察のモットー
持っている知識や技術をできるだけ診療に投じるように心がけています。

診察は、自身が持っている知識と技術をできるだけ患者様の治療に生かすことをモットーとしています。

そのことから、まずは患者様のお悩みをできるだけお伺いすることを大切にしています。また説明する際は、図やコンピューターを使いながら、できるだけ分かりやすく、お話しするようにしています。スタッフも丁寧にご説明していますので、ご不明点がございましたら、お尋ねください。

投球障害・スポーツ障害について
「投球障害を治したい」という気持ちから、上肢を中心としたスポーツ障害に注力。

研修医のころに肩の外科に興味があり、そういった研究グループに入ったことから、上肢をみるようになりました。特に、投球障害の指導に力を入れています。元々「投球障害を治したい」という気持ちがあり、一つのテーマとしていました。学会で発表しつつ、院内でも勉強会をしたり、トレーナーに来てもらったりと、今もさまざまな手法をどんどん治療に取り入れるようにしています。

投球障害以外の、バレー、ハンドボールなどのオーバーヘッドスポーツや、柔道やサッカー、ラグビーなどの各種スポーツによる外傷・障害などがございましたら、ご相談ください。

院内設備について
超音波や神経伝導速度測定器などの検査機器やスポーツのリハビリ機器を揃えています。

院内はバリアフリー設計にしています。また、上肢の疾患を専門としていますので、肩や肘の疾患を確認できる超音波や神経伝導速度測定器などの検査機器を備えています。

そして、治療はリハビリをメインとしていますので、スポーツに関する各種筋トレなどの機器も取り入れています。理学療法士も5名常勤しており(2020年6月現在)、スタッフも勉強をして、患者様のトレーニングをサポートしています。

患者様へメッセージ
肩や肘などの上肢を専門としていますが、全体も含めて診療しています。

私は、肩や肘などといった上肢を専門としています。しかし、一つの箇所だけをみるのではなく、全身もみながら、患者様のつらいところを診療するようにしています。

特に肩や肘を中心とした上肢やスポーツ障害でお悩みの方は、お越しください。