岡山市北区庭瀬の整形外科、リウマチ科、リハビリテーション科なら名越整形外科

〒701-0153
岡山県岡山市北区庭瀬229-2

Menu

自由診療

肩、肘投球障害検診と投球教室

―シーズンオフにケガのチェック、予防とレベルアップー
1. 診察と超音波検査で肩肘に故障がないかチェックします。
2.投球に必要なからだ全体の動きをチェックします。
3.下半身、上半身の使い方のほかグローブの使い方、体重移動、目線、ボールの握りなどを指導、調整します。
実際に投球しながら指導します。投球の解析には高速度カメラやラプソードを用いることがあります。

対象:小学生5、6年、中学生、高校生
自由診療 予約制 トレーニング1時間 (1回5,500円 税込)
詳しくは医院にお尋ねください。

注:故障が見つかり他の検査や治療が必要になった場合は健康保険診療に変更します。

PFC-FD(自己血小板由来成分濃縮物)療法

ご本人の血液から採取した成長因子で損傷部の修復を促したり、炎症を抑えて痛みを和らげます。
―内服薬や関節注射の効果がいまひとつだが手術は回避したい―

○ 血小板は血管が損傷したとき損傷した場所に集まって止血をする働きがあります。そのさい、多量の成長因子を放出します。
○ この成長因子には組織修復のプロセスを開始する働きがあります。血小板の放出する成長因子を使って、治りにくい組織の修復を促したり、早く組織修復を促す方法がPFC-FD療法になります。
○ ご本人の血液から作成し、患部に注入します。
○ 適応疾患は、膝変形性関節症、腱板断裂、外側上顆炎(テニス肘)などです。
○ この治療は自由診療(健康保険対象外)になります。治療は予約診療で行います。
○ 詳細は医院にお問い合わせください。

  • ご料金(1カ所):165,000円(税込み)
  • 治療期間/回数目安:1~2日/1~2回(1回分を2回に分けて投与することがあります)
  • リスク・副作用:患者様によっては、注射による副作用(痛み、赤み、腫れなど)が起こる可能性があります。
※国内未承認薬剤機器を使用した治療になります。
  • 同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等:なし
  • 諸外国における安全性等に係る情報:重大なリスクは報告されていませんが、治療後の数日間は、痛みや腫れ、赤み、熱感を伴うことがあります。この他にも何らかの不調や気になる症状が現れたり、異常を感じた際には速やかにご相談ください。
  • 当院ではPFC-FD(セルソース株式会社)を採用しています。